2016年8月10日

新日本電工、1-6月経常益25%減

 新日本電工が9日発表した2016年1―6月決算によると、連結経常利益は18億2000万円と前年同期比25・9%減った。合金鉄市況下落、円高の影響で収益を削った。円高傾向を受けて1ドル120円だった為替想定を105円に改め、通期の経常利益を20億円と2月時点から6億円下方修正した。合金鉄事業は市況の回復がない前提ながら、営業利益7億円としていた2月時点の見方を2億円の赤字予想に改めた。機能材料、環境システムなど成長事業が補い、一定の収益を確保する。
おすすめ記事(一部広告含む)