2016年12月12日

中部鉄骨市況強含み、年明け以降も需要堅調

 中部地区の鉄骨需要は、足元で中小規模物件の着工が堅調に推移しており、M、Rグレードのファブを中心に工場製作の山が高くなっている。一方、大型案件については着工のずれ込みなどもあり低調な状態だが、年明け以降はHグレードなどの山積みも高くなっていることから、鉄骨市況も強含み基調となっている。現在の市況中心値はS造小屋物(コラム・H造)でトン当たり18万―21万円(建方・重機込み)どころ。

おすすめ記事(一部広告含む)