2016年12月22日

共英製鋼、米電炉メーカー買収 海外鉄鋼事業 収益基盤を一層強化

 共英製鋼は21日、米国テキサス州・電炉メーカーのBDビントンを約61億円(5200万米ドル)で買収したと発表した。このほど設立した共英製鋼米国子会社のキョウエイ・スチール・アメリカ社が21日付で、米独立系電炉のバイユースチールグループからBDビントンの全持分を取得して完全子会社化した。共英製鋼が米国に進出するのは、1999年のアメリスチール社の売却以来。堅調なベトナム鉄鋼事業に続いて、建築関連の鋼材需要が底堅い米国へ再進出することにより、「グローバルネットワークの拡大と事業投資のリスク分散を図り、海外鉄鋼事業における収益基盤のさらなる強化を目指す」(森光廣社長)としている。

おすすめ記事(一部広告含む)