2017年11月30日

共英製鋼 越KSVC、フル生産・販売目指す 18年、ブランド確立図る

 共英製鋼のベトナム北部製造拠点、キョウエイ・スチール・ベトナム(本社=ニンビン省、星野洋一社長、以下KSVC)社は、2018年にフルキャパシティとなる年間30万トンの生産・販売を目指す。同社では製鋼圧延一貫の新工場建設計画を再開し、19年に新圧延工場、20年には新製鋼工場の稼働開始を目指しており、「生産能力の拡大に向けて一層のKSVCブランドの確立を図っていく」(星野社長)としている。

おすすめ記事(一部広告含む)