2017年2月6日

特殊鋼5社、全社が減収経常減益 4―12月 販価低下など響く

 特殊鋼電炉5社の2016年4―12月期連結決算が3日出そろった。全社が減収となり、利益面でも大同特殊鋼が純利益で大幅増となった以外、全社が経常利益および純利益が減益となった。主要需要先である自動車業界が堅調に推移したことで、鋼材販売量は増加したが、原材料価格の動きに連動する販売価格の低下などが影響した。

おすすめ記事(一部広告含む)