2020年10月29日

山特鋼、4―9月経常損失39億円 販価低下など響く

山陽特殊製鋼が29日発表した2020年4―9月期連結決算は、営業損益が38億9000万円の赤字(前年同期26億1700万円の黒字)、経常損益が39億5700万円の赤字(同22億3300万円の黒字)となった。コロナ禍での売上数量減や鉄スクラップサーチャージの適用に伴う販売価格の低下などが影響した。

おすすめ記事(一部広告含む)