2017年2月24日

東京地区カラー鋼板市況5000円上伸

 東京地区のカラー鋼板市況は前月比でトン当たり5000円上伸した。建材薄板メーカーの値上げを受け、市中在庫の高値玉への切り替わりが進む中、流通業者による価格転嫁が前進した。荷動きの底堅さや、メーカーのロールタイト化による品薄感に支えられ、扱い筋は「追加値上げは5000円刻みではなく、一気に1万円上げられそう」と強気の姿勢を見せており、市況は来月にかけて上昇基調が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)