2018年5月15日

共英製鋼 異形棒、契約・受注方法見直し

 異形棒鋼最大手の共英製鋼は15日、異形棒鋼の契約・受注方法を見直すと発表した。製品の受注から生産、出荷、納入までの時期や期間などについて「安定生産・供給を続けるための適正なあり方」(同社)を社内で検討するとともに、商社・流通各社と既存の「商慣習」における見直し協議を開始する。鉄スクラップなどの原料に対する中国を中心とした国際動向の影響が強まり、メーカー側の価格変動リスクが大きく高まっていることから、需要家側に納期の明確化などについての理解を求めていきたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)