2018年8月23日

糸久商工、クロメートフリーへ移行 母材全面切り替え

 鋼製下地材などの製造・販売を行う糸久商工(本社=東京都足立区、糸久泰輔社長)は同社製品の母材として使用する溶融亜鉛めっき鋼板を「クロメートフリー」処理材へ全面的に切り替える。欧米などで有害物質として規制される6価クロムの使用低減に向け、鋼板メーカーが切り替えを推進していることに対応するもので、同社では7月申し込み分から、クロメートフリー処理製品のみの受注対応とした。鋼製下地材メーカーでは初めてとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)