2020年8月17日

千代田鋼鉄、電気炉を更新 大同特製の省エネ旋回式

細物鉄筋棒鋼メーカー、千代田鋼鉄工業(本社=東京都足立区、坂田基歩社長)は、綾瀬工場(東京都足立区)の電気炉を大同特殊鋼製の次世代環境配慮型旋回式交流電気炉「STARQ」に更新する。併せてトランスなどの電源設備をリプレースする。総投資額は約30億円。「STARQ」の導入は大同特殊鋼知多工場に続き世界で2例目になり、普通鋼電炉メーカーとしては初めてとなる。

おすすめ記事(一部広告含む)