2018年8月28日

マンガン系合金鉄 国際相場、強気に転じる兆し

 マンガン系合金鉄の国際相場は安定的に推移してきたが、強気に転じる兆しが出ている。業界関係者によると、目先は中国をはじめとする堅調な需要と原料のコスト圧力を受けてやや強い。日本向けのシリコマンガン価格はトン1100ドル(12万1500円)にやや上がったという。冬場の操業規制を前に中国の鉄鋼メーカーは作りだめに入っているが、10月以降減産に転じる段階では、マンガン鉱石も合金鉄も市場は落ち着く可能性が高い。

おすすめ記事(一部広告含む)