2018年11月8日

大阪地区、熱延鋼板市況が上伸

 大阪地区の熱延鋼板(中板)市況が上昇した。高炉の店売り供給枠が抑えられる中で、10月後半から品薄感が台頭、11月にかけて加速し、複数の流通・コイルセンターが価格を引き上げている。先行き需給タイト感は一段と強まる見通しで、扱い流通では、引き上げた価格帯を固めつつさらに上値を目指す動きも予想される。

おすすめ記事(一部広告含む)