2018年11月26日

関東地区H・一般形市況1000円高 荷動き好転、安値払しょく

 関東地区のH形鋼市況、山形鋼や溝形鋼など一般形鋼市況は前月比でトン1000円方上伸した。荷動きが好転するとともに、11月入り後には大手扱い筋を中心に再販売価格を引き上げる動きが活発化。今月半ば頃から追随する動きが一段と広がり、安値が切り上がるとともに、上値移行が進んだ。流通各社はメーカー値上げ分の転嫁が途上にあり、採算改善の姿勢を継続していく方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)