2019年3月11日

2018年度 鋼橋受注、前年度上回る見通し

 日本橋梁建設協会(会長=坂本眞・日本ファブテック特別顧問)は8日、都内の事務局で意見交換会を開き、2018年度の国内鋼道路橋(鋼橋)の受注について、坂本会長は「順調にいけば昨年度を超える」とし、「来年度は厳しいとの予測はあるが、これから数年間は20万―22万トンで推移していくだろう」との見通しを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)