2019年4月19日

橋本総業、19年度取引先との連携深化

管工機材流通大手の橋本総業(本社ー東京都中央区、橋本政昭社長)は、2019年度の重点課題に顧客満足度の向上や各種機能の強化、得意先や仕入れ先との連携などを挙げている。

17日に東京都台東区の浅草ビューホテルで開催した「19年度上期方針説明会」で公表した。その中で管材商品分野については、在庫拡充、自社加工力の拡大、金属管・継手のみならず副資材までのトータル受注、メーカーや工事店との連携などに注力する。

おすすめ記事(一部広告含む)