2019年5月31日

4月 普通鋼輸入、4カ月連続増41.6万トン

 日本鉄鋼連盟が31日に発表した4月の鉄鋼貿易実績によると、普通鋼鋼材輸入量は前年同月比8・5%増の41万6000トンとなり、4カ月連続で増加した。前月比でも1・2%増となり、今年に入って輸入材の増勢が続いている。昨秋から続いたミルの設備トラブルが誘引したものだが、薄板を中心に在庫過剰の状態が続いているだけに、関係者は神経を尖らせている。

おすすめ記事(一部広告含む)