2019年7月12日

JMU、JFES向け建造へ 省エネ型バルクキャリア

 ジャパン・マリンユナイテッド(JMU、千葉光太郎社長)は11日、日本郵船と次世代省エネ型バルクキャリア(Jシリーズ21万1000DWTバルクキャリア=J211BC)1隻の建造契約を締結したと発表した。同船は2021年に竣工後、JFEスチール向けの長期輸送に使用する予定で、鉄鉱石、石炭の太平洋トレード用のケープサイズバルカーとして活用する。船体の外板、倉内肋骨、内底板の一部にはJFEスチールが開発した石炭カーゴホールド耐食鋼「JFE―SIP―CC」を採用、鋼材の腐食などを抑え、性能をアップした。
おすすめ記事(一部広告含む)