2019年9月25日

近藤鋼材、植物生産事業に参入

 静岡県の大手鋼材問屋、近藤鋼材(本社=静岡県沼津市、近藤千秋社長)は、植物工場ビジネスに参入する。関連会社である近藤本社を通じ、完全人工光型植物工場を運営するミツイシ(本社=静岡県三島市、石川征雄社長)をM&Aしたもので今後、新工場を建設し、生産量を現在の日産4300株から1万株以上に増やし、販路拡大を図る計画。主力の鉄鋼事業とともに異業種事業も手掛けることで、経営の多角化を進めていく。

おすすめ記事(一部広告含む)