2019年10月30日

北野鉄連会長、製造業の活動水準低下 当面、厳しい環境続く

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は29日の定例会見で、「9月の世界粗鋼生産量が前年同月比0・3%減の1億5150万トンとなり、41カ月ぶりに前年割れとなった。中国、インドなど3カ国を除く、多くの国々の生産が減少しており、世界経済が減速気味であることは否めない。その結果としての中国、インド、ロシアからのホットコイルなどの輸出がアジアの鋼材市況軟化を招いており、日本鉄鋼業も厳しい状況に直面している」との現状認識を示した。日本の9月の粗鋼生産量が前年同月比4・5%減の805万トンとなり、3カ月連続で減少したことについては「台風など相次ぐ自然災害による生産影響もあって10月以降の動向を精査していく必要はあるが、製造業の活動水準自体は低下している」とし、しばらく厳しい環境が続く可能性を示唆した。

おすすめ記事(一部広告含む)