2020年3月26日

東京五輪延期 北野鉄連会長、建設への影響注視

日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)は25日の定例会見で東京オリンピック・パラリンピック延期決定について「日本の鉄鋼業に直接与える影響は大きくないと考えるが、需要産業の建設業界への影響を注視する必要がある」と語り新型コロナウイルス感染拡大が及ぼす鉄鋼市場の変動に慎重に対処すべきと訴えた。国内外の自動車工場の一時停止に触れ、「需要家の稼働率を注視し、需要に見合った生産が鉄鋼業にとって重要となる」と強調した。

おすすめ記事(一部広告含む)