2019年11月29日

小野建、三重に自前倉庫建設

 小野建は、三重県津市にある三重営業所(津市野崎垣内岩田、矢島奨平所長)を移転、拡張する。津市あのつ台の「中勢北部サイエンスシティ」内に約1万2797平方メートルの敷地を購入し、新倉庫と事務所を建設するもので、三重県では初の自社保有倉庫となる。H形鋼や一般形鋼、鋼板類などを約5000トン在庫し、三重県全域をカバーしながら建築、製造業などへの鋼材を幅広く供給することで、早期での売上高50億円達成を目指す。今月から建屋建設にかかり、来年7月から営業開始の予定。29日には、津市役所で小野建・小野建社長と前葉泰幸・津市長などが出席し立地協定への調印式を行った。

おすすめ記事(一部広告含む)