2019年12月9日

鉄連・梶山経産相懇談 業界発展へ最大限支援

 日本鉄鋼連盟の北野嘉久会長(JFEスチール社長)、橋本英二副会長(日本製鉄社長)ら幹部は6日、梶山弘志・経済産業大臣ら経産省幹部と懇談した。北野会長はエネルギー政策、地球温暖化対策、過剰能力問題など鉄鋼業の諸課題に理解を求めた。梶山大臣は「鉄鋼業は今も昔も変わらず日本の経済や雇用を支える製造業の屋台骨」とし、鉄鋼業界のさらなる発展へ最大限支援する考えを示した。加えて安全対策の強化、下請けなど取引適正化の対応を求めた。

おすすめ記事(一部広告含む)