2020年1月20日

齊藤鋼材・鉄鋼センター 加工設備の増強推進

 齊藤鋼材(本社=兵庫県姫路市土山、多田正彦社長)は鉄鋼センター(姫路市網干区)の加工設備の増強を進めている。昨年12月、三菱電機製のファイバーレーザー「ML3015GX―F80」1基(出力=8キロワット)と付帯の自動仕分けシステム「ASTES4 SORT」を導入、今年1月末から本格稼働させる。レーザー加工機と自動仕分けシステムのセットでの導入は国内初。また、今年2月から3月にかけて、メインの切板工場棟のレイアウトの大幅な変更を行い、効率的な生産と高い安全性を誇る体制を整備する。

おすすめ記事(一部広告含む)