2020年4月3日

齊藤鋼材 新鋭ファイバー本稼働

齊藤鋼材(本社=姫路市土山、多田正彦社長)は昨年12月、鉄鋼センター(姫路市網干区)に三菱電機製のファイバーレーザー「ML3015GX―F80」1基(出力=8kW)と付帯の自動仕分けシステム「FSO―ASTES4」を導入したが、2月末から本格稼働を開始した。加工材料も普通鋼(SS400)だけでなく、ステンレス鋼(SUS304)のテスト加工も行い、近くグループ企業の齊藤製作所(本社=姫路市別所町)向けでステンレスのレーザー加工も開始する。

おすすめ記事(一部広告含む)