2020年2月7日

鉄産懇・中村会長 新型コロナウイルス感染拡大 需要、市況への影響注視

 鉄鋼産業懇談会の中村真一会長(日本製鉄副社長)は6日の会議後、感染被害が急速に拡大する新型コロナウイルスに関して「中国における製造業の活動休止期間の延長、生産活動事体の低下、建設工事の再開遅れ、物流の停滞など数多くの問題が指摘されている。中国をはじめとした世界の経済活動への影響が具体的にどのくらいの規模で、どの程度の期間になるか現時点では不明。鉄鋼需要、鋼材市況へのインパクトを含めて今後の動向を注視していく」と語った。

おすすめ記事(一部広告含む)