2020年5月13日

阪和興業、初の経常赤字 前期 南ア・クロム事業損失響く

 阪和興業が13日発表した2020年3月期連結経常損益は125億円の赤字(前期233億円の黒字)となり、初の経常損失を計上した。クロム事業の南ア・サマンコールに関する持分法投資損失349億円の計上が主因で、一過性要因を除いた実力ベースの経常利益は220億円規模だった。

おすすめ記事(一部広告含む)