2020年6月2日

NEDO新技術先導研究、日本製鉄などの案件を採択

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1日、2020年度の新技術先導研究プログラムなどの実施体制を発表した。公募の応募97件中34件を採択した。鉄鋼関連では日本製鉄、日鉄エンジニアリングが東北大学、三菱ガス化学とともに進める二酸化炭素(CO2)のカーボンリサイクル技術としてポリカーボネート製造用中間体の新規合成技術開発が採択された。神鋼環境ソリューションは岡山大学、理化学研究所とともにカーボンリサイクル技術として金属ナトリウム分散体によるカルボン酸合成技術を開発する。

おすすめ記事(一部広告含む)