2020年7月27日

MSSステンレスセンター、広幅レベラー改造へ

 三井物産スチールグループのステンレスコイルセンター、MSSステンレスセンター(本社=群馬県太田市、海老原秀人社長)は広幅レベラーを改造する。矯正能力を強化し、平坦度の向上を目指す。投資額は5000万円弱。2021年1月に改造工事が完了する予定。

おすすめ記事(一部広告含む)