2020年8月6日

日鉄エンジ 三菱製鋼室蘭の連鋳用、改造加熱装置が順調稼働

日鉄エンジニアリング(石倭行人社長)は6日、三菱製鋼室蘭特殊鋼(関根博士社長)から受注したブルーム連続鋳造設備(BL―CC)用のタンディッシュ誘導加熱装置の改造工事を竣工し、同設備が順調に稼働を開始したと発表した。特殊鋼製造におけるさらなる高品質化のニーズに対応するため、既設のBL―CC(同社製94年稼働)に誘導加熱方式のタンディッシュ内の溶鋼温度コントロール装置を導入する改造設置工事を行った。

おすすめ記事(一部広告含む)