2020年11月25日

日本製鉄、高炉2基を再稼働 君津・室蘭 内外需要回復受け

日本製鉄は24日、新型コロナウイルス感染拡大による需要急減で休止していた高炉2基を相次ぎ再稼働させたと発表した。自動車を中心にした国内需要や海外需要が回復してきたことに伴うもので、22日には7月から改修のために休止していた室蘭製鉄所構内の北海製鉄・第2高炉(炉容積3014立方メートル)の再火入れを行ったほか、24日には6月からバンキング(再稼働可能な状態での一時休止)を行っていた東日本製鉄所・君津地区の第2高炉(炉容積4500立方メートル)の送風を再開した。

おすすめ記事(一部広告含む)