2021年3月25日

日本製鉄 鹿島で小学生向けオンライン学習会

 日本製鉄は24日、東日本製鉄所鹿島地区で近隣の小学5年生を対象にオンライン学習会を開始したと発表した。新型コロナウイルス対策で工場見学を中止しているため、代替の地域貢献活動として実施。小学5年生の社会科で工業生産を支える人々に関する学習に役立つとともに、次世代を担う児童に製鉄事業も知ってもらう。

 鹿嶋、神栖、潮来、行方、鉾田、香取の各市、東庄町の小学校が対象。ウェブ会議形式で見学案内スタッフを先生役にオンライン学習用に作った映像とワークシートを使って学習した。

 映像では製鉄プロセスのほか鉄のリサイクル性、製鉄所内の特殊車両、安全のための服装なども紹介した。参加した児童からは鉄の再利用や水を無駄なく使う点が印象に残ったなどの感想があった。

おすすめ記事(一部広告含む)