2021年1月6日

橋本鉄連会長 ゼロカーボン・スチール実現に向け挑戦

日本鉄鋼連盟の橋本英二会長(日本製鉄社長)は5日、年頭のあいさつを書面で発表し、「日本鉄鋼業が今後とも日本の社会基盤を支えるという変わらぬ使命を果たし続け、2050年カーボンニュートラルに向けた国家総力戦に貢献すべく、諸課題に取り組んでいく」と鉄連として立ち向かう課題を明示した。内需の低迷や各国の自国産化による輸出減少に加え、世界の鉄鋼生産の6割を占める中国が発する大きなうねりの中、「難しいかじ取りを求められている」と指摘。内外の情勢を踏まえつつ、6つの主な取り組みを伝えた。

おすすめ記事(一部広告含む)