2021年2月26日

橋本・鉄連会長 ゼロカーボン・スチール 政府支援、改めて要望

日本鉄鋼連盟の橋本英二会長(日本製鉄社長)は25日開催の運営委員会後に記者団の質問に答え、ゼロカーボン・スチールへの挑戦について「国際的な開発競争がすでに始まっている。政府には水素還元の研究開発と新規設備投資、安価で安定大量の水素供給について支援をお願いしたい」と政府支援の必要を改めて強調した。対策として電炉での高級鋼製造と高炉での水素還元の2点を挙げ、国際的な開発競争に勝ち抜く考えを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)