2021年1月20日

平鋼市況2000円続伸 大阪地区、9.2―9.3万円中心

大阪地区の平鋼市況は原料高によるメーカー値上げを受け、2000円上伸した。平鋼市況の上伸は2週連続となる。市中相場はトン当たり9万2000―9万3000円(ベースサイズ)中心。流通各社は仕入れ価格の上昇や労務費の高止まり、新型コロナウイルス感染拡大による売り上げの減少で採算が大幅に悪化しており、採算改善のため価格転嫁を進める考え。

おすすめ記事(一部広告含む)