2021年10月29日

橋本・鉄連会長 原料価格高止まり 全国粗鋼9500万トン推移

日本鉄鋼連盟の橋本英二会長(日本製鉄社長)は28日開催の会見で本年度と来年度の全国粗鋼生産について「自動車の減産がいつどのように回復するかだが本年度は9500万トン内外となり、来年度は本年度並みの数字となるだろう。現在1億トンを生産はできない。高炉メーカーは先々をみた構造対策で上工程を止め、能力減によって高炉改修の影響は大きくなる。よほど経済の底割れがなければ9500万トン台の水準で推移すると思う」との見通しを述べた。

おすすめ記事(一部広告含む)