2021年5月26日

JFEスチール カーボンリサイクル独自高炉を開発 3割超CO2削減へ 千葉に小型高炉建設

 JFEスチールの北野嘉久社長は25日、独自のカーボンリサイクル高炉技術開発で高炉単体30%以上の二酸化炭素(CO2)排出削減を目指す考えを示した。CO2の回収・利用・貯留(CCUS)と組み合わせてCO2排出実質ゼロのカーボンニュートラルを目指す。北野社長は研究開発、実機化投資に巨額が必要とし、安価な産業用電力、水素の安価大量供給など政府の支援や社会全体の負担に理解を求めた。

おすすめ記事(一部広告含む)