2013年2月19日

中国鋼材市況、上昇基調続く

 中国の鋼材市況は上昇基調が続きそうだ。春節(旧正月)入り直前の第2週の熱延コイル市況はトン4290元(約6万4440円、3ミリ厚・増値税込)と前週比2・0%高で2週連続上昇。昨年9月の底値から上がり続け、昨年1月末の水準にほぼ戻った。原料高騰を受け、鉄鋼メーカーが値上げを継続。在庫削減を進めてきた流通や需要家の補充買いが始まっており、4月以降本格化する春需に向けて、市況の上昇力が高まる見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)