2021年6月9日

21年度予測 平鋼需要3年ぶり増 建設向け下期復調へ

2021年度の普通鋼平鋼国内需要(国内向け出荷数量、推定)は、リーマン・ショック以降で最低となった20年度を上回り、3年ぶりに増加に転じる可能性が高くなっている。新型コロナウイルス感染症影響によってマーケットに不透明感が漂うものの、建設機械向けや産業機械向けは20年度下期以降で需要回復傾向が鮮明。主力の建設向けも中小建築案件が出てくる見通しで、今下期から復調する兆しが見られる。

おすすめ記事(一部広告含む)