2021年6月18日

品川リフラクトリーズ 不定形耐火物、赤穂に製造集約 能力1.5倍に

品川リフラクトリーズは16日、西日本工場赤穂製造部に最新鋭の不定形耐火物製造ラインを新設し、西日本地区の不定形耐火物製造3拠点を赤穂に集約すると発表した。37億円を投じ、2023年度下期に完成する新ラインは自動化、大型化などにより、労働生産性を約2倍に高める。集約前の3カ所の1・5倍に生産能力を高めながら、人員は減らせるという。品質管理体制も強化し、競争力を高める。

おすすめ記事(一部広告含む)