2021年6月29日

亜洲鉱業、電炉向けに長契提案 合金鉄、供給不足感受け

 マンガン鉱石、合金鉄を一貫生産する亜洲鉱業(アジア・ミネラルズ、AML)は日本の電炉向けに合金鉄の長期安定的な契約を働き掛ける方針だ。中国をはじめ世界的な需要増、供給制約の中で不足感が強く、合金鉄は価格も2倍などに上昇しており、輸出国で関税を引き上げるなどの動きも見られる。新型コロナウイルス禍による生産、輸送の制約などからタイトな供給は当面続くとして、需要家に長期の確保を促す。

おすすめ記事(一部広告含む)