2021年7月16日

21年度上期 高炉 電機・住宅ひも付き交渉 薄板3―5万円値上げ

高炉メーカーが電機や住宅メーカーなどと進めていた2021年度上期のひも付き薄板交渉が3万―5万円の大幅値上げでまとまった。一部関係筋によると電機などは前年度下期に比べ3万円程度の値上げで妥結、住宅メーカーについては5万円程度の値上げとなったケースもある。国内外需給のタイト感、国内外市況の大幅上昇を背景に、需要家側が安定調達を求め、指標とされていた原料価格の上昇分を大幅に上回る価格を提示した高炉側の販売姿勢に歩み寄った格好だ。

おすすめ記事(一部広告含む)