2021年7月16日

5月 特殊鋼鋼材受注6%減141万トン 前月比

日本鉄鋼連盟が16日に発表した受注統計によると、5月の特殊鋼鋼材受注は141万1985トンと、前年同月に比べ2・2倍に増え、前月比6・1%減った。前年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、需要が急減したが、足元では需要が回復したことで前年を大幅に上回った。稼働日数の影響で全ての品種で前月を下回ったが、用途別に見ると、販売業者向けのみ前月から増加した。

おすすめ記事(一部広告含む)