2021年7月27日

特殊鋼棒線、需給タイト化 需要家、数量確保に奔走

 需給が極端にタイト化している特殊鋼棒鋼・線材について、需要家の調達姿勢に変化が生じてきた。特殊鋼棒線の供給に制約がある中、国内外で需要が増加しており、需要家の調達不安が強まるなど、「過去に取引のない需要家から供給要請が来ている」との声が複数の特殊鋼メーカーから聞かれる。需要家は価格よりも数量を重視する動きが強くなっており、自動車をはじめ建設機械、産業機械など需要が回復している全分野で安定供給を求める声が高まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)