2021年9月10日

愛知製鋼 次世代鉄肥料実用化が採択 JST研究支援に

愛知製鋼と徳島大学(野地澄晴学長)は8日、アルカリ性不良土壌での農業を可能にする次世代肥料の実用化に向けた研究について、東京大学、石川県立大学、高知大学、琉球大学と共同で提案し、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の定める研究成果最適展開支援プログラムに「高活性生分解性キレート鉄肥料の実用化研究」として採択されたと発表した。

おすすめ記事(一部広告含む)