2021年10月7日

奥谷金網が加工技術開発 耐摩耗鋼にパンチング

 奥谷金網製作所(本社=神戸市中央区、奥谷智彦社長)は、スウェーデン・SSAB社の耐摩耗鋼板「ハルドックス450」へのパンチング加工技術を開発した。同社の穴開け加工「スーパーパンチング技術」で、独自開発の金型やプレス油を使用し、加工手順を見直す事で実現。環境リサイクル業者や破砕機メーカー、プラント関連向けをターゲットに提案を進め、5年後をめどに5000万円の売り上げ規模を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)