2021年10月12日

岡本金属、細物に対応 来夏オートシャー更新

 関西地区の薄板シャーリング業、岡本金属(本社=大阪市鶴見区、岡本忠幸社長)は、オートシャー1基を更新すると決めた。総投資費用は4000万円超。切断時の最小板幅が70ミリから35ミリへと変わることでより細物に対応できるようになるほか、切断後の落下傷を防ぐサポートプッシャー機能付きで、品質向上を目指す。来年8月ごろに搬入し、稼働開始する予定。

おすすめ記事(一部広告含む)