2021年10月21日

関東地区 異形棒9万円後半へ メーカー追加値上げ

関東地区異形棒鋼電炉メーカーは10月下旬にも追加値上げに踏み切り、販売価格をトン当たり9万円台半ば以上に引き上げる動きを見せている。主原料・鉄スクラップ価格は10月以降も騰勢が継続するとともに、電気やLNG(液化天然ガス)をはじめとするエネルギーコストが増大し、また副資材や合金鉄の購入価格なども値上がりしていることから、地区メーカーは販価を再生産可能な水準に引き上げて採算悪化状態を解消することで、需要家に安定供給を継続できる体制を堅持する。




おすすめ記事(一部広告含む)