2021年11月1日

合同製鉄 25年度、売上高2200億円目標

合同製鉄は29日、「合同製鉄グループ中期ビジョン2025」を策定したと発表した。グループ総合力を強化し最終年度となる2025年度に売上高2200億円、経常利益110億円、ROS(売上高経常利益率)5・0%を目指すとともに、グループの中期目標にカーボンニュートラルやDX(デジタルトランスフォーメーション)、D&1(ダイバーシティ&インクルージョン)といった今後、企業が求められる取り組みを織り込んで企業価値の向上を目指す。





おすすめ記事(一部広告含む)