2021年11月12日

ときわ会 10月末H形鋼在庫、7カ月ぶり増18万2700トン

日本製鉄によると形鋼扱い流通で構成する「ときわ会」のH形鋼の10月末在庫量は前月比1・3%増の18万2700トンとなり、7カ月ぶりに増加した。4カ月続いて18万トン台で推移する。日当たりの出庫は微減だったが、10月は稼働日数が1日増え、月次出庫はプラス。入庫も増加した。当月の在庫は前月より2400トン増で「在庫の減少傾向が止まった」(厚板・建材営業部)形だ。需要は秋需の増加としては物足りなさがあるものの、物流施設など大規模物件は増加、小規模S造も回復トレンドを維持する。市中では需要増に力強さを欠きながらも「需要は堅調を持続、市中の需給タイトは継続する」(同)とみている。

おすすめ記事(一部広告含む)