2022年2月24日

ときわ会H形在庫 4カ月連続増20万トン際

日本製鉄によると形鋼扱い流通で構成する「ときわ会」のH形鋼の1月末在庫量は前月比5・4%増の19万9700トンと4カ月連続で増加した。6カ月続いて18万トン台で推移してきたが、当月は19万トンに乗せた。稼働日数は減少、月次出庫はマイナスで、入庫も下げた。在庫は前月より1万トン以上増えたが「土木用のダブルサイズなど一部サイズは品薄で、建築着工が増加の方向にあり、春先以降の需要回復が見込まれ、需給は引き締まってくる」(厚板・建材営業部)と予測。大型案件を中心に中小規模案件の出件増に期待できるとみている。中国が全国人民代表大会を控え、経済対策を打つとの観測もあり、東アジアで鋼材需要が伸展する見方が出ている点も注視していく。
おすすめ記事(一部広告含む)